自分で決めなければ、君は自由になれないんだ。 小杉俊哉


はじめに

会社に入社したのは誰が決めたのか?
そして、会社に居続けることを誰が決めているのか?
すべて自分のはずだ。
では、今の仕事をやることを誰が決めているのか?
多くの人は、会社や上司が決めたと思っている。
でも、それは違う。それはきっかけに過ぎず、実際は自分で決めているのだ。
そのことを自覚しなければならない。
嫌なら辞めればいいだけだ。
実際にあなたの周りに会社を辞めている人は少なからずいるだろう。
だから、今やっていることは全て自分で選択している結果なのだ。
仕事に限らず、あなたの人生は、
あなたが今まで選択した全てのことから成り立っている。
そのことを自覚しないと、親や上司、周囲に振り回される人生になる。

つまり、自律しなければいけないということだ。

1/30に発売された
「僕たちは「会社」でどこまでできるのか? ~起業家のように企業で働く 実践編~」で
共著という形で一緒に出版させてもらった塩見哲志氏は、その自律した企業人といえる。野村證券でモーニングピッチという企業内起業を若干27歳の時に立ち上げ、
今まで出会うことがなかった企業とベンチャーのマッチングを行う機会をはじめて創造したのだから。
今回は、起業家のように働く企業人の実践の手記ともなっている同書から、
塩見氏のMaxim(名言)を取り上げ、自律し起業家のように企業で働くヒントを紐解きたいと思う。


小杉 俊哉

1958年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、NEC入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、ユニデン株式会社人事総務部長、アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長を歴任後独立。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授を経て、現在、同大学SFC研究所上席所員。合同会社THS経営組織研究所代表社員(本データは本記事が配信された当時のものです。)

img


Maxim4「自分がやりたいことだけをしていても企業からは評価されない。」

_09T0200
会社は慈善団体ではないので、
全ての人の個人的な事情を汲んでくれる訳ではない。
会社に所属し、給料をもらっている以上、
あなたがやらなければならないことを果たす必要があるのだ。
それをできるだけ速く、見事に完璧にやる必要がある。
しかし、それをやっているだけだとやらされ感がある。
上司からやれと言われたことをやるのは、
親から勉強しなさいと言われてやるのと同じ、
強制感や義務感が伴うからだ。
だから、重要なのはその上で、やらなくてもいいこと、
やれといわれてもいないことに一歩踏み出してしまうことだ。

では、何に一歩踏み出すか。
それは、決して大きなことでなくてよい。
ちょっとした問題意識なのだ。
たとえば、いつも使っているデータのファイルが整理されておらず見にくい。特
定の担当者がいるわけではなく、都度使う人がデータを入れている結果、
統一がとれていない、そのため検索もしにくくあとから活用がされにくい。
誰かきちんと整理し直してくれたらいいのになあ、と日々思っている場合。
このような場合、誰かが、ではなく、自分がそれを整理したいと上司に申し入れることだ。
自らやるべきこと(Must)をやるだけでなく、
そこから一歩踏み出す(Can)をやることによって、世界が変わる。
さらには、やりたいこと(Will)というフィールドがある。
これは、もし自分が事業部長なら、社長ならこうしたい、こうやってみたい、
という制限さえなければやりたいこと。
とにかく、人は自分のやりたいことを主張するが、
収益に結びつかないことはまず承認されないだろう。

では、どうするか、というと、自分のWillとCanを重ねるポイントを探すのだ(図1)。

Print

 よく、キャリア理論では、MustとCanとWillの3つの接点を探すということを

説明するが、長年の経験でこれは非常に見つけにくいと思う。

そうではなくて、単純にWillとCanだ。これなら、ぐっと見つけやすくなる。

 

それを重ねることができれば、それが会社のビジョンと個人のビジョンが重なる部分だ。(図2)

Printそのビジョンはあなたがやりたいことだから、主体的自律的に取り組めるわけだ。

 


Maxim5「失敗をしてもそこから学び続け、挑戦し続けている間は失敗ではない」

これは、ベンチャーから成功した多くの起業家が共通して言うことだ。
ビジネスモデルが良かったからうまくいった、などという人はひとりもいない。
所詮最初のビジネスモデルなど不完全なものであり、何度も修正が必要だからだ。
だから、リーン・スタートアップし、最低限のコストと短いサイクルで
仮説の構築と検証を繰り返しながら、市場やユーザーのニーズを探り当てていくことを行う。
またせっかく確立されても、大手企業などが算入したり、テクノロジーが陳腐化したりすれば、
すぐにまた新しいビジネスモデルを試行錯誤で創りあげていくしかないのだ。
ベンチャーではないが、実質的には創業者として
世界的な企業をつくり上げたファーストリテイリングの柳井正さんも、
インタビューで成功の理由を聞かれて、こう言っている。

「それは成功するまでやったからだ」

「行動、行動、行動」

まずは若気の至りでよいので、行動してみるということが何より必要なことだ。
様々な企業で多くの人たちを見てきた経験から言えば、
20 代は当然のこと、30 代でもぎりぎり若気の至り、は許される。
モーニングピッチをスタートさせたとき、塩見さん 27 歳、斎藤さん 29 歳、木下さん 26 歳だった。
何かをはじめるのに早すぎることはない。
そして、遅すぎることもない。
何かを持っている必要もない。
必要なのはあなたの意志だけだ。

 

おわりに

 

会社を変え、世の中に影響力を及ぼすなどというのは、並大抵のことではない。
そんなことを、あなたにけしかけるつもりはない。
しかし、自分を変えることはそれほど難しいことではない。
変えるのは5年後でも3年後でもない、変えようと思ったときだ。
もし、あなたが何かを変えようとした時に
今までご紹介した言葉と本書「僕たちは「会社」でどこまでできるのか? 」がお役に立てば、
なによりも嬉しい。

 




関連記事

タグ一覧

編集部 特選記事