リーダーは、みんなに助けてもらえばいい 出口治明

創業7年目を迎え、2015年度版オリコン顧客満足度ランキング「生命保険部門」で
総合第一位を獲得するなど、多くの人々に支持され続けているライフネット生命。
そのライフネット生命は、いかにして始まり、ここまで来たのだろうか。そこで、代表取締役会長兼CEOである出口氏に立ち上げメンバーである吉沢氏との本対談で、

ライフネット生命でのマネジメント、チームの作り方、採用などについて語っていただいた。

 


出口 治明

ライフネット生命代表取締役会長兼CEO

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職。

img


何をやりたいのかを自分の心に問う

吉沢さん:その理念はだれが作るべきなんですか?

 

出口さん:経営理念で一番理解できないのは、規模が大きくなってから理念を作りましょうという会社は何を考えているんだと思います。

基本的には、会社を作ろうとした人が作るべきです。会社を辞めて新しくこんな会社を作りたいという時点で、理念はあるのです。そこがなかったら、会社を辞めたいという気持ちが起こるはずがない。だから理念というのは、本当は最初に決まっています。最初に旗がなくて、どうして人を集めることができるのかということです。

 

吉沢さん:実際にある理念を決めて事業を作ったとして、ステージが上がってくるときに、見えている景色が変わったり、ほかの人たちのフィードバックがあって、やっぱり理念を変えたほうがいいと思ったときにはどうしたら?

 

出口さん:それは、簡単に言えば、最初に理念を作るときの考えが甘いという一言につきるんじゃないでしょうか。理念とは何かといえば、経営計画とは違うわけですから。例えば、僕の友人が再生ファンドを立ち上げて、10年ぐらいになります。彼の仕事ぶりを見ていると、その会社を作る前に1年ぐらいものすごく悩んでいます。ああでもない、こうでもないと。それから10年経って会社も大きくなり、立派な業績も上げているのですけれど、理念は何一つ変わっていません。それは考え抜いているからです。だから、人の意見を聞いたり、いろんなことを見て変わるというのは、考えが甘いというか、深堀してないという一言に尽きるのではないかと思います。

 

吉沢さん:自分の事業を作りたい、会社を作りたい人がいるとするじゃないですか。その人はやりながら考えるのではなくて、ずっと考えてから、始めたほうがいい・・・

 

出口さん:仕事はやってみないとわからないので、やりながらでもいいんだけれど。

この仕事をする時に自分には何が一番大事なんだろうか、と徹底的に考えることと具体的に会社を作って色々試行錯誤することは、全然矛盾しないと思います。

だから、ライフネット生命のマニフェストができたのは、会社を作ってから、3か月後です。まだ社員は1人しかいない時期です。

ライフネットの理念は簡単で、「正直に経営する。情報は徹底的に公開する。で、シンプルにわかりやすく、安くて、そして便利にする」。

基本的な骨格をきちんと考えて、自分が何をやりたいんだということを自分の心に問いかけるということです。


人間は人、本、旅で出来ている

 

 

吉沢さん:じゃあ、ライフネット生命でいうと、突き詰めて言えば出口さんの理念なんですか?

 

出口さん:そうです。岩瀬君と2人で話をして、岩瀬君が納得するまで3か月かかりました。

 

吉沢さん:前職の日本生命の経験とか思いをずっと考え続けたものが理念になったんですか?

 

出口さん:それは違うでしょうね。僕という人間は何から出来ているのかよく聞かれるのですが。

人間は人、本、旅で出来ていると思っています。たくさんの人に会って影響を受けて、たくさんの本を読んで影響を受けて、色々なところへ行って影響を受けて出来ているのです。

僕を自分で分析したら、本が50%で、25%が人で、25%が旅だと思います。

それと同じで、理念の半分は本で出来ていますね。生命保険についても別に日本生命の経験だけではなくて、本で250年前にロンドンで初めて生命保険を作った人の話を読んだり、いろいろなものからできています。

 

吉沢さん:そろそろ終わりの時間も迫ってきたところで、会場のみなさんからは何か質問ありますか?

 

会場の方:部下を育てることについてお伺いしたいんです。私は基本的に部下に仕事を任せてるのですが、数字がいかないときには、自分で仕事をしてしまうところがあって。

目標達成したい部分と部下に失敗して学んでほしいという部分で葛藤しているんですけど、そのあたりはどうお考えですか?

 

出口さん:目標の期限まであと一週間しかない時に、数字が足りないという場合には自分で頑張るしかないですね。でも、人を育てる時は、目をつぶらなければ育ちません。僕の場合だったら、ケースバイケースでしょうね。ちょっと手を加えて達成できるのであれば、手を加えるかも知れないし。でも、加えてもできない時には、どうせできないのだったら育てる方向に賭ける。その時々の判断で育成に重点をおくのか、数字を作るのに重点を置くのか、それは常に同じとは限らないので。その場その場で状況を見て、どちらに力点を置くかを判断します。

理想論を言えば、自分で数字だけ作ってしまって、あとは数字を作らなくてもいいから全部やってみろ、というのが理想ですね。すごく難しいですけれど。

仕事も子育てと一緒で、人間は自分でやらせてみて、自分で頭を打たない限り、学ばないのです。だから、人を育てるのは忍耐だと思ってください。


人間にとって大事なのは、毎朝元気に起きること

会場の方:採用は相性と運であると仰っていましたけど、運についてはどう思われますか?

 

出口さん:運について一番理解している人は、ダーウィンだと思います。ダーウィンの進化論を一言でいえば、賢いものや強いものが生き残るわけじゃない、世の中何が起こるかわからない、ということです。起こった時の適応が全てだ。そのことを運と適応という言葉でダーウィンは説明したのです。

で、運というのは何かといえば、適当な時に適当な場所にいることです。これは偶然なので、人間にはどうしようもない。ダーウィンの進化論を一番的確に表現している言葉は「棚から牡丹餅」です。

棚から牡丹餅が落ちてきたら、食べたいでしょ。牡丹餅を食べたい時は、牡丹餅が落ちそうなときに棚の近くにいなければいけないですよね。これが運です。では、適応は何かといえば、それを見つけたときに、すぐに走って行って真下で大きく口を開けることです。棚から牡丹餅が落ちるときに、そこにいるかいないかは人間にはわかりません。人間にできることは、何かが起こった時に走っていって口を開けなければいけないので、朝元気に起きることだと思います。牡丹餅が落ちたときに二日酔いじゃ走れないので、食べられないでしょ。

社会人にとって一番大切な部分は、セルフコントロールといってもいいですけれど、自分の体調をよく知っていて、毎朝元気に起きることだと思います。後は、それこそ運だと思いますね。

 

 

吉沢さん:今日は、色々な話が聞けて面白かったです。他にも「これからのエリートだけが知っている仕事の強みの磨き方」にはライフネット生命での興味深い出来事が様々書いてありますので、ご覧いただければうれしいです。本日は、本当にありがとうございました。

 

出口さん:ありがとうございました。



関連記事

タグ一覧

編集部 特選記事