リーダーは、みんなに助けてもらえばいい 出口治明

創業7年目を迎え、2015年度版オリコン顧客満足度ランキング「生命保険部門」で
総合第一位を獲得するなど、多くの人々に支持され続けているライフネット生命。
そのライフネット生命は、いかにして始まり、ここまで来たのだろうか。そこで、代表取締役会長兼CEOである出口氏に立ち上げメンバーである吉沢氏との本対談で、

ライフネット生命でのマネジメント、チームの作り方、採用などについて語っていただいた。

 


出口 治明

ライフネット生命代表取締役会長兼CEO

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。2013年6月より現職。

img


「この人なんか面白そうやな。」が採用のポイント

吉沢さん:いや、だいぶ面白いですね。
その社員の人数が少なかった時の採用は、どんなポイントが重要だったんですか?
僕には、とりあえず腕が立つインパクトの強い人間を何の仕事をしてもらうかわからないけど
採るというスタンスだったように見えたんですが。

 

出口さん:正直言うと、海のものとも山のものともわからない、
最初のころのベンチャー企業に、そんなに優秀な人が入ってくるはずがないじゃないですか。
そうすると、「なんか面白そう」というのがポイントになります。
能力はどうかわからないけれど、面白そうだったら毎日が楽しいじゃないですか。
楽しければ、みんなはよく働くので。面白いかどうかが僕の中では、一番です。
二番は、僕のパートナーの岩瀬がよく言っていたのですが、A級の人材を集めるということです。
でも2、3回議論したくらいで、人の能力なんてわかりませんから。
それに、A級B級とかいう言葉が、僕は正直あまり好きではありません。
人間がA級なのかという判断基準がないでしょ。
大学の成績ではA級とかB級はわかりますけれど、社会でそんなものが役に立つとは思えないので。やっぱり、この人と会社にいても別に不愉快にはならないな、
楽しそうだなと思えばだいたい採用してました。
それに面白い人が集まれば面白い人が集まってくるので。

 

吉沢さん:このあたりで、会場のみなさんから質問はありますか?

 

会場の方:面接で面白そうでも、やっぱり実際に優秀ではない人っていると思うんですけど、
そういう人を採ってしまったことはないですか?

 

出口さん:むしろ、そういう人がいたほうが会社としては健全です。
どんな会社でも2・6・2だったら御の字だと思います。
最初のころ、岩瀬君たちが会社を盛り上げるために
クリスマスパーティなどを企画して一所懸命頑張っていたのです。
仕事以上にものすごい時間をかけて。
でも、パーティに来ない社員が何人かいるわけです。
そうすると、岩瀬君が僕のところに来て
「こんなに考えて一体感持とうとして頑張っているのに、来ない人はやっぱりおかしいと思うので、パーティ出席の業務命令を出させてください。」と言ってきたことがありました。
「違う。全員が素晴らしいクリスマスパーティだと盛り上がる会社は、
ヒトラーとスターリンの会社やで。もうちょっと考えて。」と僕は言いましたけれど(笑)
それと同じで賢い人ばかりの人の会社なんて、働きにくいですよ。
それに基本的には優秀な人ばかりを採用していても、結局2・6・2になってしまうと思うのです。


優秀な人でも、一緒にいて楽しくないのが一番しんどい

 

 

吉沢さん:実際面接などで人を採るときに、大事にしていたところはどのあたりなんですか?

 

出口さん:まあ、相性でしょうね。ボーイフレンド、ガールフレンドと同じで、この人といても退屈しないだろうなとか、まあ一緒に暮らしても悪くないよなという相性が大きいと思います。

そこが悪いとチームが壊れます。だから、ライフネット生命の中途採用は、スペック採用ですが、スペックが合っていれば、あとはお見合いやっているのと同じです。人を採用するときは、どんな仕事でも長い時間一緒に働くわけですから。どれだけ能力あって優れた人であっても、なんか一緒にいても楽しくないのが一番しんどいですよね。だから、仕事のパートナーは、ボーイフレンド、ガールフレンド選びと一緒だと思います。

極端なことを言えば、相性というのは直観なので、この人と一緒にいても嫌じゃないなという感覚さえあっていれば、後は運ですね。

 

吉沢さん:運ですか・・・(笑)

 

出口さん:運というのは、そうやってできたチームが本当にワクワクするかどうかは、やってみないとわからないので。


リーダーは、みんなに助けてもらえばいい

吉沢さん:チームの話でいうと、父性と母性を意識して確保するということがライフネット生命ではあったのではないかと思っています。つまり、組織の中で、メンバーをよく見ていて、彼らが弱っていたらちゃんとケアしてあげる人がいる優しさの部分と会社としてこれを大事にしてやっているよという現状をシェアしつつ、そこにはプレッシャーが存在するという部分があって。

この2つの組み合わせをすごく意識していたんじゃないかな、と思っているんですがどうですか?

 

出口さん:僕は、父性とか母性とか意識したことはないですね。

基本的には、会社はいろいろな人の集まりなのだから、やっぱり大事にするコアの理念はシェアしなければいけない。ライフネット生命の場合は、マニフェストという形で作ってあります。そこは徹底的に大事にするということと、「あの人に声かけしてやってください」などみんなの顔色を見るのが上手な人の意見は出来るだけ聞いていました。ギスギスしないように。やっぱり会社も人間の集団ですから、楽しくなければいい仕事ができないと思うのです。

 

吉沢さん:そういうことが得意な人の力を借りていたんですね?

 

出口さん:そうです。みんなに助けてもらえばいいのです。経営者は何かと言えば、決めたことに関しては全部、責任を取るということです。過失がなくても責任をとる。世の中には、自分で責任をとる人と困ったとき、誰かに丸投げできる人の2つしか人間のタイプがない。これは僕が30ぐらいの時に家業を継いだ友人に言われたことですけれど。真実だと思います。

一方、丸投げできる人は、大会社の代表取締役副社長でも困ったら社長にお願いすればいいわけです。

だから、僕は経営者というのは偉いわけでもなんでもなくて、役割・ファンクションだと思っています。果たすべきファンクションは、決めること、責任を取ること以外はなにもないですね。決めることができるということは、やりたいことがあるということです。行きたい方向がなかったら決められないので。

だから、そのことさえ分かっていれば、だれでも経営者はできると思います。後の足らないところは、みんなに助けてもらえばいいのです。

 

 

吉沢さん:行きたい方向という意味でいうと、僕がライフネット生命で仕事をやっていてやりやすかったのは、出口さんに提案しにいくと、いつも部下がやりたいことは基本任せてもらえるので基本的にはOKになるんですけど、マニフェストに反するものは、めちゃくちゃ反対されるんですよ。

例えば、ある商品を作ろうってなった時に、出口さんに提案したんですけど、複雑だという理由でダメだったことがあるんです。

ライフネット生命のマニフェストの中でもシンプルを大事にしているのだから、とダメな理由が非常に明快で、それは自分が一緒にやっていてやりやすかったなと思うんです。

 

出口さん:それはどんな組織でも、いろいろな人が集まっているので、コアとかよりどころがなければ、バラバラになります。だから国でも、基本は憲法でしょ。コアの理念というのは組織であれば、必ず必要でしょうね。



関連記事

タグ一覧

編集部 特選記事